楽天 プロバイダ 規制

楽天光プロバイダの帯域規制は他社より緩い!?

楽天コミュニケーションズ光は楽天グループにより運営されているインターネット接続のプロバイダです。ネットなどを行う際、気になるのがデータの転送量に伴う帯域規制なのではないでしょうか。

 

規制がかかると通信速度が遅くなったり、一時的に停止されることもあります。大手のプロバイダでは、1日の総データ転送量が一定の量に達すると利用者に警告メールを送ったり、場合によっては解約の措置に出ることもあります。

 

 

また、対策として、やり取りの増える時間帯だけ、データ転送速度を落とすことで対処しようとするところもあります。データ制限で特に問題視されるのがP2Pやトレントで、厳しい転送量制限があり、場合によっては転送できないような措置さえ講じているプロバイダもいます。

 

楽天は、規制は受けるものの、大手のの中では緩い傾向にあると言われています。P2Pのアプリケーションを使用していても他のメール送受信やホームページの閲覧など規制対象となっているアプリケーション以外の通信速度には影響を与えないとの報告があります。

 

また、制限対象のアプリケーションであっても総通信速度を制限するのみであり、現時点では利用自体は制限されることはありませんでした

 

P2Pというと悪いイメージばかり先行しますが、フリーウェアのダウンロードや独自楽曲の頒布など、問題のない使い方をされている方もいます。そういった意味では、帯域制限で規制されるのではなく、正しく使う仕組みを作り上げて欲しいと思います。